DMM CFD

日経225ミニ先物のチャートの見方

日経225ミニ先物の取引をするときに、そのときの市場のタイミングを参考にするのが「チャート」になります。

このチャートを追随することで利益を上げていくことができるのです。


日経225ミニ先物のチャートは過去の為替レートの値動きを、価格や時間を軸としてグラフにしたものをその時々の取引に応じてチェックしていきます。

このチャートの見方を知ることで取引のベストタイミングをしっかりと知ることができるのです。


チャートの見方の基本的な部分が「ロウソク足」になります。

このロウソク足はどのような意味があるのか?というと、日経225ミニ先物の値動きが分かりやすくなるためにロウソクの形を使って表現したものをロウソク足と言います。


そしてこのロウソク足の始値や終値から上下に伸びた線をヒゲと言われている線が延びているのが特徴になります。

このロウソク足にもいろいろな形があって、「陽の丸坊主・小陽線・大陽線・陰の丸坊主・小陰線・大陰線」などの様々な形があります。


このチャートを見ながらテクニカル分析とファンダメンタル分析を行いながら取引を行っていきます。

DMM CFD

© 2014 ガヤガヤ通販 rss