DMM CFD

日経225miniの必要証拠金

必要証拠金という言葉が知られるようになったのは、元々商品先物取引で使われる用語でした。

商品先物取引内で「担保」と言う名目で預け入れたお金の範囲内で取引していきましょう、ということで生まれた言葉です。


miniを始めるには必要証拠金をしっかりと準備しなければいけません。

この必要証拠金を準備することで初めて日経225miniの取引をすることができるようになるのです。

この必要証拠金は担保だと思ってもらって構いません。


必要証拠金はポジションを取るためにその取引額に比例して最低必要となる預託金となりますので、miniの取引の際には必ず必要証拠金を準備して、この準備した金額の中で取引をしていきます。


日経225miniの必要証拠金は取引会社によって異なってきます。

それぞれの証券会社でオリジナルの基準を持っていて、その基準の沿ってそれぞれの必要証拠金の額を決めています。

ここで必要証拠金だけで会社を決めてしまう人がいますが、それではリスクになってしまいますので総合的にみて判断するようにしましょう。

DMM CFD

© 2014 ガヤガヤ通販 rss