DMM CFD

日経225CFDと日経225先物の違い

日経225CFDは日経平均株価に連動したCFD取引です。

CFD取引とは差金決済取引のことで証拠金を預かり取引をします。

日経225先物もCFD取引と同じく証拠金取引となります。

では、日経225CFDと日経225先物の違いは何でしょうか?まず、取引時間です。

日経225先物は平日9:00~11:00、12:30~15:10、16:30~20:00が取引時間ですが、CFDは夜間も取引可能で月曜日の朝から土曜日の早朝までほぼ24時間取引できます。

手数料はCFDにはかからず、先物にはかかりますが、CFDではスプレッドが必要となるのでコスト的には大きな差がありません。

大きく違うのは取引単位です。

業者によって異なりますが、CFDは最低取引単位が1単位から、日経225先物は1000単位からの取引となっています。

必要な証拠金は先物の場合SPANによって計算され毎週変動します。

例えば日経15000円なら日経225先物の場合1000単位なので1500万円の取引ができます。

証拠金は50万円であればレバレッジ30倍となります。

CFDは証拠金が売買金額の10%です。

1単位からの取引ができるので150円の証拠金でも始められます。

仮に100単位取引をすると証拠金は150000円となり、レバレッジは100倍となります。

少ない資金でも始められるのが日経225CFDです。

DMM CFD

© 2014 ガヤガヤ通販 rss